@cosme TOKYO 様

導入製品
  • CYBER VISION / デジタルサイネージ

原宿駅前に2020年1月10日(金)オープンした新体験フラッグシップショップ『@cosme TOKYO』にCYBER VISIONとデジタルサイネージを採用いただきました。
『@cosme TOKYO』は@cosme初の路面店となり、売り場面積、取り扱いブランド数ともに最大級の旗艦店となります。
“ネットとリアルの融合”をテーマに様々な体験ができるようになっており、新しいスタイルの店舗を楽しむことができます。
配信システムはすべて弊社開発CMS「DiSiクラウド」を採用していただき、LEDビジョンや12面マルチサイネージはもちろん、一括配信設定により、店内ジャックでブランドプロモーションをすることも可能です。
その他にもグループ会社の株式会社コンテンツ開発によるフロアマップCMS開発で多言語対応(日本語/英語/簡体字/繁体字/韓国語)もしており、ブランドもしくはアイテム名より検索可能となっております。
全く新しい体験ができる店舗となっておりますので、是非行って見て体感してみてください!

製品名CYBER VISION
サイズ[屋外用]P3.91mm W28,500×H3,500(mm)
製品名デジタルサイネージ
サイズ1F・2Fカウンターバック[屋内用]55型12面マルチサイネージ:W8,196×H1,212(mm)/ブランドプロモーション用 柱:55型×4台・エンド什器:24型サイネージ×4台 フロアマップCMS開発(株式会社コンテンツ)・スタンド制作:SUS仕上げ/LIVE Streaming用 55型 高輝度サイネージ
映像配信ソフトDiSiクラウド

 
 

資料ダウンロード

デジタルサイネージ資料

「失敗しないサイネージ」(PDF版無料ダウンロード)

長年のデジタルサイネージ設置・運用実績をもとに、失敗しないサイネージの選び方や運営のコツを資料にまとめました。

導入をご検討されている方は、ぜひ一度ご一読ください。
<内容>

1.画面サイズ
2.ドットピッチ
3.輝度(画面の明るさ)
4.可視角度範囲
5.映像コンテンツ(アニメーション)
6.映像コンテンツ(訴求ポイントの整理)
7.フォント選び(文字の視認性)
8.画面比率
9.「風景化」 させない (運営が重要)
10.排熱・塩害対策
11.メンテナンス

お申込みボタンから、必要事項をご記入いただきお申込みください。返信メールにて資料のダウンロードURLを発行致します。