タッチパネル型デジタルサイネージ

タッチパネル型デジタルサイネージをご紹介。

タッチパネル型デジタルサイネージ

タッチパネル型デジタルサイネージの活用シーンは多岐にわたり、公共施設や交通機関、商業施設や病院など、幅広い分野での活用シーンが増えています。

タッチパネル型デジタルサイネージ

主な利用シーンと目的

商業施設

空港・駅・商業施設などの大型施設のフロアガイド

タッチパネル型デジタルサイネージでお客様ご自身が操作することにより、サポートセンターまで足を運ぶことなく、現在地や目的地を把握することができるため、運営側の無駄な時間や人件費といったコストダウンを実現することができ、お客様の施設利用の満足度向上にもつながります。

多言語対応

外国人にも多言語化で対応

日本語だけでなく、多言語切り替えボタンを用意することで、外国人にもスムーズにコンテンツを展開できます。空港や駅の公共施設だけでなく、観光地の観光案内などにも活躍が期待できます。

広告サイネージ

商品検索、アイドルタイムは広告用サイネージとしても活用

お客様が欲しいと思った商品を検索し可視化できれば、店員に在庫確認をせずとも購入判断ができるため購買促進にもつながり、収益にも直結します。また、お客様がタッチしないアイドルタイムは商品広告を流すことでマーケティング戦略としても活用できます。これにより、紙媒体などの広告費をカットすることができます。

観光案内サイネージ

©温泉むすめ / Enbound,Inc.

観光案内デジタルサイネージ

防塵・防水を施されたタッチパネル型のデジタルサイネージは屋外でも活用できるため、観光案内標識などにも活用されています。アビックス株式会社では、福島県・郡山市にある「JR磐梯熱海駅」構内に「温泉むすめプロジェクト」とコラボレーションした観光案内サイネージを設置いたしました。

 
 

導入事例

イオンタウン茨木太田様

イオンタウン茨木太田様では、50インチタッチ式液晶モニター1台、40インチタッチ式液晶モニター9台をご導入いただきました。タッチパネル型デジタルサイネージではフロアマップを展開し、アイドルタイム中は施設案内や店内プロモーションの放映に使用しております。

タッチパネル型サイネージイオンタウン茨木太田様

50インチタッチ式液晶モニター:1台設置

50インチタッチ式液晶モニターでは、アイドルタイム中は施設案内(新型コロナウイルスの感染予防アナウンス等)を放映し、お客様がタッチするとフロアマップが展開する仕様となっております。

50インチタッチ式液晶モニター

40インチタッチ式液晶モニター:9台設置

施設内のあらゆる箇所に全9台の40インチタッチ式液晶モニターを設置。アイドルタイム中は店内のプロモーションにも使用し、ポスターパネルの役割も兼ねております。

40インチタッチ式液晶モニター
タッチパネル型デジタルサイネージ

タッチパネル型デジタルサイネージに関するご相談、
料金のお見積もりなど、お気軽にお問合せください。

導入までの流れ

当社サービスメニュー

  • 01プランニング
    お客様の実現したい目的に合わせ、サイネージの設置場所や台数、システム全体の構成をプランニング致します。
  • 02機器選定
    設置環境により最適な液晶モニターのサイズ、配信システムを選定します。
  • 03お見積もり
    プランニング内容と機器選定から、概算見積もりをご提出致します。
  • 04コンテンツ制作
    タッチパネル用コンテンツの制作を行います。現在展開中のデータなどを基に、動的なコンテンツを生成しています。
  • 05設置工事
    1000件以上の施工実績がある弊社技術スタッフによる工程管理のもと設置施工から放映調整まで対応します。弊社及び全国をカバーする施工ネットワークは必要な資格を有しております。
  • 06保守・
    メンテナンス
    365日フリーダイヤルによるメンテナンス受付をご用意しております。機器システムは(※)基本3年保障で、それ以降の保守契約プランも別途ご用意しておりますので長期にわたって安心してご利用いただけます。
    ※対象外の製品もございます。