小山町様 豊門公園西洋館(国登録文化財)

液晶モニター・コンテンツ制作

2階展示室に3台のデジタルサイネージを設置。

「資料映像」「豊門会館改修関連」「小山町のPR」の3テーマでプレイリストを構成。

小山町様 豊門公園西洋館(国登録文化財)

液晶モニター・コンテンツ制作

小山町の経済的発展は、明治29年に富士紡績(株)が創業されたことから始まり、富士紡績(株)の功績を後世に残すため、大正から昭和にかけて同社に大きな功績のあった和田豊治氏の私邸「豊門会館」、豊門青年学校の「西洋館」、さらには工場の玄関口であった森村橋が、同社から平成16年に本町に譲渡され、現在は国の登録有形文化財となっている。
平成28年度から「殖産興業活性化プロジェクト」と銘打って、これら一連の施設改修事業着手。今回はその「西洋館」の展示物の一環として、デジタルサイネージをご導入いただき、小山町の発展の歴史、富士紡績の歴史等を伝えるコンテンツ制作を承りました。

小山町で保管されていた膨大な歴史資料・写真を、スキャン→レタッチ→トリミングを行い、映像資料の素材へ変換。

富士紡績の記録、富士紡従業員の記録、小山町発電所の記録、関東大震災直後の小山町、小山町災害の記録など、100数十点の貴重な歴史写真でスライドショーを作成致しました。

その他導入事例