曲面LEDビジョン(カービングビジョン)  驚きの進化で、新たな映像世界を演出。

公開日 :2021/06/14 | 最終更新日 :2021/06/28

映像を表示するLEDビジョンや液晶モニターの表示部は、通常はフラットな画面ですが、世界のデジタルサイネージ先進国では、その表示面が曲がっていたり、波打つような曲面のLEDビジョンを使用した映像が、街の中に数多く登場し注目を浴びています。LEDビジョンが、明るさや大画面で存在感を出すだけではなく、形状でも目を引く空間演出でも必要とされる存在になりつつあります。今回は、進化した曲面LEDビジョン(カービングビジョン)をご紹介します。

曲面LEDビジョン製品情報はこちら




目次

曲面LEDビジョン(カービングビジョン)のお問い合わせはこちら

曲面の映像はインパクト大

私たちは日常生活で映像を見るとき、フラットな画面に慣れています。テレビ、スマートフォン、映画館・・・現実の世界では奥行きがある世界を、映像はフラットな画面で表現し、私たちはそれを日々認識しています。
そんな私たちが曲面の映像を目にしたとき、映像はフラットなものという既成概念が一気に崩れ、「大きなインパクト」を感じます。デジタルサイネージで行う空間演出、映像演出において、インパクトは重要な要素の1つですので、曲面LEDビジョンは今後のデジタルサイネージのトレンドになるかもしれません。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航するクルーズ客船。 Spectrum of the Seas(スペクトラム・オブ・ザ・シーズ)のメインダイニングルームの壁面に設置された曲面LEDビジョン
Spectrum of the Seasのメインダイニングルームの壁面に設置された曲面LEDビジョン
Spectrum of the Seasのメインダイニングルームの壁面に設置された曲面LEDビジョン

曲面LEDビジョン(カービングビジョン)をリニューアル

曲面LEDビジョンは以前より「カービングビジョン」と呼ぶ商品でリリースをしておりましたが、この度、既存商品のフレキシブル性をより強化し、設置可能な環境を広げる目的で、製品部材にゴムを用いる等の製品リニューアルを行いました。

【リニューアルの特徴】
特徴は1枚のLEDモジュールが、やわらかいゴム板のように自由自在に曲げられ、圧倒的に軽量化されました。横:256mm × 縦:128mm のモジュールの重量が20gとなり、脅威の軽さを実現しているのです。

【設置方法】
LEDモジュール背面にマグネットが数か所ついており、スチール板があればパチッと簡単に取付けが可能です。曲面の盤面を作るには、このスチールの背面板を曲面加工しておけば自由に弧を描くようなLEDビジョンが完成します。

これまでより直径が小さい円柱に巻きつけたり、曲面のトンネルのような空間を構成したり、S字にうねる壁面を違和感なく構成できる等、今までにない映像での空間演出が可能です。
空間演出で曲面LEDビジョン(カービングビジョン)をご検討の際は、是非一度アビックスまでご相談くださいませ。

S字にうねる映像表現
曲面のトンネルのような空間演出

製品情報

使用環境 屋内仕様
ドットピッチ 4mm
輝度 1000cd
視野角 水平140°垂直120°
最小モジュールサイズ 横256mm×縦128mm
ユニット重量 20g
曲面半径 300mm

曲面LEDビジョン(カービングビジョン)のお問い合わせはこちら

 
 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます