LEDの寿命 ~LED LIFE TIME~

公開日 :2019/08/10 | 最終更新日 :2021/06/11

屋内外問わずインパクトがあり、見ると目を引くLEDビジョン。企業や店舗で導入したいと考えているケースも多いのではないでしょうか。その際に気になってくるのが、LEDビジョンの寿命です。導入後に長く使えるかどうか気になりますよね。
ここではLEDビジョンの寿命に加えて、LEDビジョンのメリット、メンテナンスの重要性について解説します。

LEDビジョン製品情報はこちら

目次

LEDビジョンの寿命 = 輝度半減期

皆さんもご存知の白熱電球や蛍光灯は、電球が切れる(点灯しなくなる)もしくは、チカチカ点滅する症状が出た時点を『寿命』と定義しています。

一方で、LEDの場合は、このような『切れる』・『点滅する』と言う症状で寿命を定義しておらず、LEDは徐々に暗くなっていく特性があるため、この特性を利用してLEDビジョン業界では、新品の輝度(光の強さ)から、輝度が半分になった時点を輝度半減期としてこの時期を『LEDビジョンの寿命』と定義しています。

一般的なLEDビジョンは今のところ50,000時間程度の製品が多いようで、この50,000時間とは、1日16時間点灯で8.5年にもなります。(液晶モニターは30,000時間程度と言われています。)

LEDビジョンのメリット:寿命が長い

一般的なLEDビジョンは今のところ50,000時間程度と言われています。この50,000時間とは、1日16時間点灯で8.5年にもなります。一方で、液晶モニターの寿命は30,000時間程度と言われており、1日16時間点灯で約5年となります。LEDビジョンは液晶モニターと比較しても寿命が長いと言えます。

LEDビジョンのメリット:消費電力が少ない

LEDビジョンは消費電力が低い点も大きな魅力のひとつです。LEDビジョンは輝度(明るさ)によって消費電力が変ってきますが、1日あたり16時間LEDビジョンを点灯させた場合、消費電力と電気料金の目安は屋外用SMD10mmピッチで一日あたり約3.74KW h/㎡(約97円/㎡)、室内用3.9mmピッチで約2.56KW h/㎡(約66円/㎡)になります。(実際の料金はお客様がご契約の電力プランによって変りますので、ご契約の電力料金をご参照ください。)このように消費電力も少なくて済むため、電気代の節約にもつながります。

LEDビジョンのメリット:防水対応も可能

LEDビジョンに直射日光があたり、空調環境がよくない場所では、熱がこもり、高温により製品の故障リスクが高くなるため、空調や排熱対策をすることをお勧めいたします。
また、海の近い設置環境では、塩害対策を行わないと製品寿命が著しく短くなるため、海が近い場所では必ず塩害対策をすることを推奨しております。

関連リンク:「LEDビジョンと液晶モニターどっちがいいの?」
関連リンク:「LEDビジョンとは?設置にあたってのメリットや注意点などを事例に合わせて解説します」

メーカーによってバラツキがあるLEDの寿命

ただし、注意しなければならない点として、LEDの中でも、LEDの種類・LEDメーカーによって実際の寿命にかなりのバラツキがある点です。

そもそもLEDの寿命は熱による影響が大きいと言われており、どのようにして放熱していくか?が寿命を延ばすポイントとなります。そのため、放熱性を高める(寿命の延ばす)ために、製造ノウハウは元より、放熱性が高い材料を使用する必要があります。

特に屋外にて使用されるLEDビジョンの場合は、ここ最近の異常気象もあり太陽光が当たる設置環境においては高温になりやすく、また、台風や沿岸部での塩害においても非常に酷使される環境に晒されますので、なおさらLED本来の品質が重要となります。

生産プロセスとメンテナンスの重要性

一方で現在の世の中のLEDビジョンは、その殆どが海外生産品となっており、世界の約80%は中国製品と言われておりますので、日本国内での設置でありましても、海外でのものづくりは生産中の品質管理プロセスが非常に重要となります。

当社では、お客様に安心して、長い期間ご使用いただけることを目標に、LEDビジョンメーカーと提携して、LEDをはじめ、各部品を日本環境に適したものを選定し、また、生産プロセスにおいても日本品質の考えを元に生産指導しながらLEDビジョンを丁寧に1台1台生産しております。

また、長期間使用する間にはメンテナンスが必ず必要となりますが、万が一故障が発生した場合においても自社でしっかりと対応できることが重要となり、当社では、お客様にご安心いただけるよう、自社で技術部門を設けて、メーカーと連携し対応できるような体制を整えております。

高価なLEDビジョンですので、買って終わり。ということはありません。我々としても、長くご使用できる製品ですので、寿命まで安心してご使用いただきたいという思いがございます。

ぜひご購入の際には、部品や生産プロセス、そしてメンテナンス対応についても確認をしてみてください。

関連リンク:「導入前に知っておこうデジタルサイネージのメンテナンスについて」

LEDビジョンの導入ならアビックス株式会社

アビックス株式会社の「LEDビジョン・デジタルサイネージ」は、設置からメンテナンス、映像制作、運営まで、ワンストップソリューションを提供するサービスです。海外工場の生産においても、弊社スタッフが製造ラインをコントロールし、品質の維持に努めています。アビックス株式会社のデジタルサイネージは業界最長の製品3年保証がついており、国内に修理体制を備えています。LEDビジョンの導入をお考えならぜひご相談ください。

LEDビジョンのお見積もり・設置のご相談
お気軽にお問合せください

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

 
 

資料ダウンロード

デジタルサイネージ資料

「失敗しないサイネージ」(PDF版無料ダウンロード)

長年のデジタルサイネージ設置・運用実績をもとに、失敗しないサイネージの選び方や運営のコツを資料にまとめました。

導入をご検討されている方は、ぜひ一度ご一読ください。
<内容>

1.画面サイズ
2.ドットピッチ
3.輝度(画面の明るさ)
4.可視角度範囲
5.映像コンテンツ(アニメーション)
6.映像コンテンツ(訴求ポイントの整理)
7.フォント選び(文字の視認性)
8.画面比率
9.「風景化」 させない (運営が重要)
10.排熱・塩害対策
11.メンテナンス

お申込みボタンから、必要事項をご記入いただきお申込みください。返信メールにて資料のダウンロードURLを発行致します。