LEDビジョンと液晶モニター、どっちを選べば良いの?

2018.09.15

昨今、屋外へのLEDビジョン設置が規制により厳しくなった事により、新たな販促手法として、屋内型高精細LEDビジョンをガラスの内側から外側に向け、販促を行う設置方法が増えてきております。元々、この設置方法は液晶モニターを採用する事が多かったのですが、LEDビジョンの価格が下がってきた事により、弊社では多くの業態においてLEDビジョンを採用頂いております。

目次

選ぶポイント

  • サイズによる価格の分岐点は120インチ(幅2,500mm×高さ1,500mm)
    120インチ以上のビジョンをお客様が希望される場合は、LEDビジョンの方が価格面にて安くなる場合がございます。120インチ以下であれば液晶モニターの方が価格メリットを出せます。
  • 放映するコンテンツ内容
    フルHDや4K、8Kなどの高精細な映像を放映する場合は、液晶モニターの選択となります。
  • 画面構成
    屋内において大型ビジョンを検討される場合、液晶モニターはマルチ画面(液晶モニター同士による組合せ)にて画面を構築します。その場合、液晶モニター同士の繋ぎ目(ベゼル)が目立ち画面上の線が気になります。LEDビジョンの場合は、繋ぎ目を気にせず画面を構築出来ます。
  • 輝度(画面の明るさ)
    画面の明るさの指標としてcd(カンデラ)が使われます。 屋内用LEDビジョンのcd数が1,200cd~5,500cdに対し、液晶モニターは600cd程度となります。ガラスの内側など外光が当たる設置場所においては、LEDビジョンの方が適しております。
  • 耐久性
    耐久性の比較として、 LED・・・50,000時間利用にて画面の明るさが半減します。寿命ではありませんが画面が見づらくなるため、交換を推奨します。
    ※50,000時間=1日に16時間利用で9年程度 LCD(液晶モニター)・・・30,000時間が寿命と言われています。
    ※30,000時間=1日に16時間利用で5年程度

結論

設置後の利用方法でも変わりますが、耐久性の比較としては、LEDにメリットがあります。
長くの利用を希望されるのであれば、LEDを推奨します。
120インチ以上、外光があたる場所、長時間放映する、こんな場合はLEDビジョンを選びましょう。

今回ご案内致しましたガラスの内側より外側へ向けた販促は、新たな設置方法として注目をあびており、海外では既に多くの業態でLEDビジョンを設置し販促を行っております。
日本でもこれから多くのお客様がご検討するのではないかと思われます。
弊社では、自社販促用のコンテンツに加え、地域の方々への情報配信としてニュースや天気、その他さまざまなジャンルの情報を提供し、運営サポートを行っております。

LEDビジョン、液晶モニターの導入をご検討の方は、ぜひアビックスまでご相談ください。

 
 

資料ダウンロード

デジタルサイネージ資料

「失敗しないサイネージ」(PDF版無料ダウンロード)

長年のデジタルサイネージ設置・運用実績をもとに、失敗しないサイネージの選び方や運営のコツを資料にまとめました。

導入をご検討されている方は、ぜひ一度ご一読ください。
<内容>

1.画面サイズ
2.ドットピッチ
3.輝度(画面の明るさ)
4.可視角度範囲
5.映像コンテンツ(アニメーション)
6.映像コンテンツ(訴求ポイントの整理)
7.フォント選び(文字の視認性)
8.画面比率
9.「風景化」 させない (運営が重要)
10.排熱・塩害対策
11.メンテナンス

お申込みボタンから、必要事項をご記入いただきお申込みください。返信メールにて資料のダウンロードURLを発行致します。

関連記事